レーシック

2016年12月31日

1人目妊活、おさらいD 判定

ドクターに己の意見を述べることのもままならぬ状態で、
あれよあれよと過ぎてしまった採卵→移植→判定日。

Kアートクリニックの判定日は
1回目;BT6
2回目:BT14

です。

BT6では、hcg10以上で妊娠合格とのこと。

で。




なかば勢いで臨んだ体外授精1回目で頂いた判定は、
hcg19、「合格」、というものでした。




「1本39円〜(^^♪ おトク!」排卵/妊娠検査薬はコチラ





ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
posted by baby55 at 07:49| ◎一人目不妊のキロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

1人目妊活、おさらいC 移植

8個採れた卵たち。

ドクターの説明によれば、胚盤胞到達率は20〜25%。ゆえに、2〜3個が胚盤胞になればよいでしょうとのこと。

が、結果、胚盤胞になった卵は一つ。ただし、5AAという、最高グレードの卵でした。

実は。当時ちょっぴりだけ野望がありまして。早生まれよりも4、5月生まれのほうが幼児期は何かと有利だという発想から、卵子を凍結保存し、数か月後に移植するのはどうか、と考えていました。

しかし。
ドクターの提案により、新鮮胚移植に踏み切ることへ。

己の意思表示もできぬまま、まな板の上の鯉状態。あれよあれよという間に、採卵から移植、判定まで走り抜けることになります。


「1本39円〜(^^♪ おトク!」排卵/妊娠検査薬はコチラ




ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

posted by baby55 at 22:46| ◎産婦人科 通院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1人目妊活、おさらいB 初めての採卵

こうして迎えた初採卵は5月でした。

もともと排卵障害のあった私は、最初からフォリスチム150単位を通院ごと(1日おき)に注射。最後はガニレストで排卵を抑制しながら卵を育てました。おぼろげな記憶ですが、注射代だけで10万に迫る勢いだったのではないでしょうか。

採卵前の診察では3個取れるだろうと思われていた卵たちですが、初採卵、ふたを開けてみれば8個の卵子が取れました。

ところでKクリニック。ひとつ懸念していたのは、採卵が局部麻酔(寝ている間に終わるわけではない)ということ。

どれほど痛いのか???

緊張の連続でしたが、何とか耐えることができました(というレベルです。痛いものは痛いです)

8個と多めに採れたことから、「胚盤胞まで培養してみましょう」とドクターからの提案。

すべては先生にお任せしよう。

そんな気持ちで、胚盤胞までの培養をお願いしました。


ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


「1本39円〜(^^♪ おトク!」排卵/妊娠検査薬はコチラ
posted by baby55 at 22:35| ◎一人目不妊のキロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
排卵検査薬+早期妊娠検査薬の販売ショップ++
・検査薬11本♪おトクセット720円はコチラ++