レーシック

2017年02月19日

5ABの胚盤胞移植…

だいぶ更新していませんでした。前回の続きです(→前回の記事はコチラ

本日ご来院ください


採卵して5日後?でしょうか、培養室に電話をかけて胚盤胞になった卵があれば移植となります。

5AB、4ABと胚が育っていたので培養室からは「本日移植となるかもしれませんので、ご来院お願いします」という指示。

内膜の状態、卵巣のはれなど問題がなければ、移植となります。

えっと。2年ぶり?3年ぶり?

たまごちゃんを迎えるという奇跡に、テンション上がりまくりでした。


キレイな卵ですよ、と



移植の流れは3年前とさほど変わらずでした。

まずリカバリールームでウェイティング。このときまでに、超音波で確認しやすくするよう膀胱をぱんぱんにしておいてください、と指示を受けているので、ペットボトル1本+アルファくらいの水を飲んで待っています。

自分の順番がいつまわってくるかわからない中で、ひたすら尿意を我慢する。。。

これがきついったらありません。

移植自体はごくごく簡単。消毒をして、ささっと管のようなものを入れられたら、はいおしまい。

終了後は、培養士さんから移植した胚についての説明、胚の写真などをもらうことができます。

「とってもきれいな胚ですよ」

と。

5ABのその子は、まんまるの受精卵からぷくっとすみっこがはみ出していて、それでもキレイな透明の◎でした。

うまくいきますように・・・・



「1本39円〜(^^♪ おトク!」排卵/妊娠検査薬はコチラ


ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村







posted by baby55 at 17:00| ◎二人目不妊のキロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
排卵検査薬+早期妊娠検査薬の販売ショップ++
・検査薬11本♪おトクセット720円はコチラ++