レーシック

2017年01月08日

乳がんブログを徘徊して

◆乳がんへの不安から、乳がんの方のブログを閲覧


要再検査となり訪れた病院で行った、細胞診という検査。
しこりの細胞を採取して、悪性かどうか調べるというもの。

検査結果が出るまでの10日間、もうとにかく不安で不安で不安で不安で。
とにかく、乳がん経験者の方のブログを訪れては、検査の進め方や乳がん診断が確定するまでのストーリーを読んでばかりいました。
読んだところで不安になる、というか、読むほど不安は募るし、ストレスになる。自分でわかってはいても、気が緩むとスマホに手が伸び、つい検索していしまいます。

乳がん。言い知れぬ不安は主人も同様だったようで、ベビ子が寝たあと帰ってきた夫と目を合わせると、互いに涙ぐんでしまうこともありました。

◆意外と多い、「誤診」のストーリー


それでも。乳がん経験者の方のブログからは学ぶことも多かったです。

乳がん経験者の方のブログを読んでいて、意外と多くて驚いたのは「誤診」の話し。しこりとわかってから、細胞診をして良性とわかった数年後、大きくなってゆくしこりが不安で再度検査を受けたら実は悪性だった、とか(細胞採取時に悪性部を切り取れていない?)。
中には、エコーや所見のみで(生研なしで)「大丈夫ですよ」と言われ、数年後、やはり悪性の診断が下ったというケースも。さまざまな「誤診」のストーリーを見かけました。

もしや。乳がんの確定診断って、こちらが思っている以上に難しいのかも?

とすると、セカンドオピニオン、は不可欠なのでは?

そう思うに至り、Nブレストクリニックで行った細胞診の結果を待つ間に、別の病院に予約を入れました。
ここで乳がんの方々のブログを読まなかったら、セカンドオピニオンという選択もなかったかもしれない。今振り返ると、ありがたい情報の数々でした。


「1本39円〜(^^♪ おトク!」排卵/妊娠検査薬はコチラ


ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村







posted by baby55 at 12:51| ◎二人目不妊のキロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

乳がんかもしれない。

◆乳がんかもしれない


・・・乳がんかもしれない。

そればかりが頭の中を占領する日々。
2歳5か月のベビ子。この子の成長をいつまで見れるの?もし私が死んだらベビ子は私を覚えていられるかな?
そんな妄想ばかりしていました。

スマホやパソコンを開けては、乳がんの情報集め。

頭がどうにかなりそうです。

一刻も早く、白黒はっきりしなくては。確定診断を得なくては。

健康診断を受けた病院でもらった病院リスト。あちこち電話をかけた結果、一番早く予約のとれた個人病院Nブレストクリニックを訪れることにしました。

◆黒に近いグレー。


Nブレストクリニックのドクターご自身がガンの経験者ということで、このグレーな状況に立たされた私の気持ちを察していただき、「とにかく早くはっきりしたいでしょう」と寄り添ったお言葉を頂きました。
その一言に、涙がこぼれそうになります。

まずはエコーです。念入りに2つある怪しい影の正体を見てくれます。左のおっぱいの下の方にある7ミリほどのかたまりをモニターで確認しながら、ドクターがそばにいた看護師さんにぽつりと指示。

「あー、これは・・・・細胞診用意ね」

左のおっぱいに長い針を刺されました。ものすごい痛み。妊活で、採卵やら注射やら、痛みには慣れきたつもりでしたが、針でぐりぐりとおっぱいを刺される痛さは、ただものではありませんでした。その肉体的な痛みと、乳がんだったらどうしよう、ベビ子はどうなるんだろうという不安とがごちゃまぜになって、
診察台の上に横たわりながら、涙がこぼれ落ちてゆきました。

あれよという間に腫瘍らしきものから細胞を採られ、病理診断に出されることになりました。

右のしこりは無罪放免だったのに、左のしこりには細胞取って生研。

左のしこり。超音波でみたところ黒に近いグレー、ということなのでしょうか。
泣いても喚いても、病理の結果は10日後。


「1本39円〜(^^♪ おトク!」排卵/妊娠検査薬はコチラ


ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村






posted by baby55 at 07:25| ◎二人目不妊のキロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

健康診断の結果に、愕然…

◆その結果に、愕然と…


せっかくベビ子を保育園に預けて妊活できる環境が整ったというのに、40歳を目前にした夏は、健康診断に振り回されることとなります。

健康診断を行った病院から電話で「検査結果を聞きに、明日の14時に来てください」と言われ、
指定時刻に病院を再訪しました。
どこが悪かったのか・・・・ぐるぐると頭をかけまわります。

説明を受けるために通された部屋には、レントゲン写真がかけられていました。

「あ、乳がんかも??」

そうです。マンモグラフィーの写真と思われるレントゲンでした。

左右のおっぱいに怪しい影が2か所。要精密検査です。
病院のリストを記載した紙とマンモグラフィーのデータを入れたCD-ROMを受け取りました。

「やばい。私も乳がんかもしれない…」

実は10年ほど前、実母が乳がんになったことがある私にとって、乳がんは身近な病気であり、その病の恐ろしさも心得ているつもりました。

病院を出てどうやって家路についたのか。いつ主人に連絡したのか。まるで記憶がありません。
もう妊活再開どころじゃない。
この瞬間から、頭の中は「乳がん疑惑」で埋め尽くされた日々を過ごすことになるのです。


「1本39円〜(^^♪ おトク!」排卵/妊娠検査薬はコチラ


ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(高齢赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村







posted by baby55 at 21:44| ◎二人目不妊のキロク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
排卵検査薬+早期妊娠検査薬の販売ショップ++
・検査薬11本♪おトクセット720円はコチラ++